HOME > 院長・クリニック案内 > 院長紹介

院長案内

さかえクリニック院長紹介

院長 末武 信宏

院長 末武信宏

順天堂大学医学部 非常勤講師
医学博士(順天堂大学大学院 医学研究科博士課程卒) 学位論文
第88回日本美容外科学会会長
日本美容外科学会認定専門医
一般社団法人 臍帯プランセンタ学会 筆頭理事
一般社団法人 先端医科学スポーツアカデミー(AMSA) 副代表理事
トップアスリート株式会社 代表取締役
一般社団法人 日本視覚能力トレーニング協会 監事(理事長 飯田覚士:第9代WBA世界スーパーフライ級王者)
JBC認定プロボクシングトレーナー
NODAレーシングアカデミー講師
株式会社オトボトケ取締役

院長の信念

院長の信念微力ながらも障害者の子供たちや病で闘われている子供たち、また世界の難民の子どもたちのために何かできないかといつも考えています。

亡き母親が重度の身体障害者で苦しんだ人生を一緒に歩んできたので、病や障害と闘う子供たちや、過酷な生活を強いられている世界の難民の子どもたちのためのボランティア・チャリティ活動を私の命が続く限り行って行きます。

美容診療報酬の一部はボランティア、チャリティ活動へ使わさせていただきます。

アーティスト、アスリートの支援・指導は原則としまして全てボランティアで行わせていただいております。
メジャーデビューしましたシンガーソングライター 大矢たけはる氏との慰問ライブなど ボランティア活動にも力を入れていきたいと考えております。
癒しの歌を提供させていただきます。
ボランティアさせていただけます機会を与えていただけましたら光栄に思います。

きっと この歌で 勇気を持っていただけると思います。

社会貢献がわずかでもできる機会に恵まれて嬉しく思います。

メディア掲載多数

美ST 2013年3月号 美ST 2013年3月号
月刊美魔女 Part6

内容
TEAM美魔女の田中鞠衣様のご紹介で、シミ・しわはここ!栄の頼れるスポーツドクターは美容医療もお得意です。と紹介して頂きました。

「リスクがなく効果がある施術」がモットーの院長・末武信宏先生がカウンセリング、駐車や点滴まで丁寧に直接施術。スポーツドクターとして健康と美が直結するケアを提案。αリポ酸注射¥2,980、プラセンタ注射¥4,200などが人気です。

 
 美ST 2013年2月号
キレイな人には、みんな行きつけ「ドクター」がいた!

内容
「8年前からお世話になっています。2週間に1回の割合でエステ代わりに通い、その時々の肌の調子に合わせてもらっています。」とTEAM美魔女3期生 田中鞠衣様のご紹介で、さかえクリニックをご紹介いただきました。



 
週刊東洋経済9月22日号掲載誌面
 
 週刊東洋経済9月22日号
「読めば若返る-男と女のアンチエイジング最前線」


内容
さかえクリニックでは、美容だけでなく体や心の面からも重要な自律神経を鍛えるアンチエイジングに取り組んでおり、自律神経も含めたアンチエイジング療法は、「セル・エクササイズ」と「エアナジー」と呼ばれる活性酸素除去療法があります。セル・エクササイズに関しては、子供から高齢者まで自宅でできるような10分間のエクササイズが考案され、DVD付きの解説本も発売されている。
掲載紙面はこちらからご覧いただけます。
 
ニュースの深層で解説する末武信宏
 
2012年9月12日放送テレビ朝日 CS 「ニュースの深層」

内容
院長末武信宏が現在まで多くのトップアスリートに行ってきた、コンディショニング、日頃のケア、指導、治療までを医学的見地から見直す試みを行なっている。
左大腿骨頸部骨折から奇跡の復活を遂げ、復帰戦であった鈴鹿8耐で見事優勝を果たした秋吉耕佑選手のインタビューも交えながら、唯一行っていた子供から高齢者まで行えるセル・エクササイズの効果を伝える。

 

 
【週刊女性9月18日号】
「超現役のオーバー80歳」の記事に若返りと健康のカギは自律神経にあると末武信宏院長のコメントが掲載されております。

掲載誌面はこちらからご覧いただけます。
アカルイ☆ミライ
 
TBS系列の番組「アカルイ☆ミライ」
順天堂大学医学部 小林教授と順天堂大学医学部 非常勤講師・医学博士末武信宏がセル・エクササイズを実演・紹介しました。

内容
副交感神経を上げるエクササイズとして、「セル・エクササイズ」が紹介され、順天堂大学医学部 非常勤講師・医学博士末武信宏が実演いたしました。


中日新聞朝刊【高校生​ウイークリー】
2011年9月26日の中日新聞朝刊「高校生ウィークリー」に掲載されました。

CHUNICHI Web掲載記事
ブラックジャックを探せ!!末武院長のメディア掲載記事
掲載媒体【zakzak】
【ブラックジャックを探せ】医学的指導でトップアスリート輩出 末武信宏院長

内容
末武医師がいま、特に力を入れているのが「スポーツ医学」だ。知り合いのスポーツ選手から相談を受けて、この領域に足を踏み入れた末武医師。コンディショニング、日頃のケア、栄養指導などを医学的見地から見直すと、従来の指導法にさまざまな欠陥があることがわかったという。
 「"趣味の延長"と思われたくないので」と、直轄の陸上部を設立。自身の理論による医学的指導で、数多くのトップアスリートを輩出してきた。

・・・・・【詳しくはホームページより直接ご覧下さい

その他のメディア掲載情報は【パブリシティ情報】ページよりご覧下さい

寄付先

国連UNHCR協会国連難民高等弁務官事務所(UNHCR(ユーエヌエイチシーアール))は1950年に設立された国連の難民支援機関です。 UNHCRは、難民・避難民を国際的に保護・支援し、難民問題の解決に対して働きかけることを 任務としています。UNHCRは、その人道援助活動に対し、1954年と1981年にノーベル平和賞を受賞。スイス・ジュネーブに本部を置き、約 6,300人の職員が、110ヶ国以上で援助活動を行っています。国連UNHCR協会は、UNHCRの日本における公式支援窓口です。

ごあいさつ

院長 末武信宏
美容外科専門医の私が、美容外科医の本来の診療を見つめ新しい診療体系で患者様への医療サービスを行うことを決め、リスクがある治療は一切行いません。

さかえクリニックでは安全で効果が確実で責任をもって治療ができる診療のみを行っております。
流行な治療は何でも行うという診療姿勢はとっておりません。

当院では院長の末武をはじめ担当医が学術的に勉強し臨床的なトレーニングを積んで診療に当たります。
 
当院でのアンチエイジング診療も多くの世界的アスリートの支持を受け、青少年のスポーツを通した社会貢献などスポーツ分野ではボランティア活動も続けております。

アスリート育成として さかえクリニックTC(陸上部)を設立しアテネ五輪日本代表選手の輩出、クラブチームとしてお手本にしていただける陸上部を目指して大企業陸上部に挑んでおります。

2007年度より、医師国家試験合格率日、トップクラスであり、スポーツ医学では日本の最高峰でこれまでも多くのオリンピック金メダリストを輩出してきました順天堂大学大学院 医学研究科に所属し、「スポーツ医学やアンチエイジング医学」の本格研究をスタートしました。国内では本格的な研究が少ない未開拓の分野です。

患者様本位の治療を今後もしっかり続けていきますのでよろしくお願いいたします。

患者様へのスタッフの対応、担当医師の対応には十分配慮しておりますが、もしご不満な点がありましたら遠慮なくメールでかまいませんのでご指摘いただければ幸いです。

一生懸命診療を行いますのでお気軽にご相談ください。

モットー

患者様を身内と考え、リスクの無い丁寧な治療を行なう

院長経歴

院長 末武信宏
略歴

●昭和54年    県立岐阜高等学校卒業
●昭和62年 3月 国立岐阜大学医学部卒業
●昭和62年 5月 岐阜大学医学部附属病院第一外科入局
●昭和62年    日本美容外科学会入会
●平成元年11月より大手美容外科全国主要都市クリニックにて研修
●平成3年 アジア最大規模を誇る長庚記念病院、形成外科、美容外科部長、蔡博士の指導下、日本国内で5万例以上の手術を経験 全国主要都市の大手美容外科クリニックで若手医師の指導、チーフドクター。
●故稲葉益巳博士(日本美容外科学会会長)を蔡博士へ紹介。
●日本と台湾の美容外科学会交流をサポート。
●平成7年、日本最年少の日本美容外科学会認定専門医に認定される。(33歳当時)
●平成8年9月 さかえクリニック開業
平成19年 4月より 順天堂大学大学院 医学研究科においてアンチエイジング医学、スポーツ医学の研究に従事。
平成23年3月 順天堂大学大学院 医学研究科博士課程 において 学位(医学博士 甲)取得
学位論文 Evaluation of autonomic nerve system by heart rate variability and differential count of leukocytes in athletesは、HEALTHに掲載され、サードオーサーはソウル五輪金メダリスト 鈴木大地 順天堂大学スポーツ健康科学部教授
●オリンピック選手や日本代表アスリート、プロ野球主力選手をはじめプロスポーツ選手の能力向上を指導させていただいています。詳しくはこちらから
(2001年・2002年・鈴鹿8耐世界選手権 さかえクリニックチーム参戦!!)。
●さかえクリニックTC総監督として所属選手 中田有紀選手が、2004年 アテネオリンピック 日本史上初 女子7種競技日本代表に選出される。

アスリートの科学的ダイエット法を開発し多くのプロボクサーなどウエイト制競技のアスリートへ指導。
医師向けに ドクターズコスメ製作指導。
最新ドクターズコスメ製作のコツ シミ・小じわ・にきびの治療薬を作る
(株式会社日本医学中央会(メディカルコア))  
医学書DVD、ビデオ 監修・指導・出演
最新美容皮膚科セミナー開催・講師 (アラガン社主催)




● 順天堂大学医学部 非常勤講師
● 医学博士
第88回日本美容外科学会会長
● 日本美容外科学会認定専門医 第219号
一般社団法人 先端医科学スポーツアカデミー(AMSA) 副代表理事
一般社団法人 日本臍帯・胎盤療法研究会 筆頭理事
2013,2014,2015,2016年度 ミス・ユニバース・ジャパン 愛知大会 特別講師
● プロボクシングトレーナ(JBC認定) No.31532
● 元ブラジル極真空手王者HEATミドル級王者、RISEウエルター級王者(K1戦士) ダニロ・ザノリニ コンディショニングトレーナー
● X-JAPAN リードボーカル「Toshi」元ボディメイキング、元パーソナルトレーナー
2011・2012年鈴鹿8時間耐久ロードレース2連覇、国内公式サーキットレコーディングホルダー 秋吉耕佑 専属トレーナー
NODAレーシングアカデミー フィジカル・メディカルトレーナー、講師
● 東京メディカルスポーツ専門学校講師
● 36代、38代東洋太平洋スーパーバンタム級王者(中部ボクシング史上初の2度のタイトル獲得) 大橋弘政選手 コンディショニングトレーナー
● Krush YOUTH GP 王者(2011),K-1甲子園王者(2009、WBCムエタイ日本バンタム級王者、元シュートボクシング日本スーパーバンダム級王者ら大石ジム所属選手のフィジカルトレーナー


プロボクシングトレーナ(JBC認定)ライセンス


国際学会発表

Suetake N: Treatment Acne vulgaris and Clinical Effect of Chemical Peeling.Presented at The 3th World Congress of International Society of Aesthetic Surgery, Tokyo, Japan, November, 2000

Suetake N: Extending Anti-aging Treatment beyond its Traditional Boundaries.Presented at The 4th World Congress of International Society of Aesthetic Surgery, Tokyo, Japan, November, 2005

Suetake N: Methods of wound treatment in cosmetic surgery. Presented at The 5th World Congress of International Society of Aesthetic Surgery, Tokyo, Japan, November, 2008

Suetake N: Evaluation of autonomic nervous system by heart rate variability and differential count of leukocytes in athletes. Presented at8th Anti-Aging Medicine World Congress & MediSpa(AWMC2010),Monaco,April 2010

< 運営、マネージメント実績 >
2001年さかえクリニック陸上競技部(SCTC)創設、総監督 兼 チームトレーナーに就任
2001年
2002年
2006年
鈴鹿8時間耐久世界選手権大会 徳野政樹(日本人初 鈴鹿8時間耐久世界選手権大会優勝ライダー) 専属トレーナー(チーム徳野)として 合同チーム結成 出場
2003年日本陸上選手権大会 出場者数 12名(社会人チームとして 出場者数 日本最高数を記録)
2003年WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ 石井広三 VSオスカー・ラリオス戦 興業マネージメント
2004年中田有紀(さかえクリニックTC) 女子7種競技 アテネ五輪出場(日本陸上史上初 七種競技オリンピック出場)、第88回日本陸上選手権大会において 日本記録でB標準突破
2004年吉岡康典(さかえクリニックTC),全日本ボブスレー選手権大会2人乗り 優勝 ボブスレーワールドカップ日本代表選出、出場
2005年-2006年フォーミュラニッポン 松田次生選手 メディカルレーシングサポート
2005年中田有紀(さかえクリニックTC) 女子7種競技 ヘルシンキ世界陸上選手権大会 出場
2009年鈴鹿8時間耐久ロードレース 伊藤真一、秋吉耕佑 組 (TSR HONDA)メディカルケア担当 予選トップ1-トライアルにてポールポジション獲得
2010年MOTO GPテストレーシグライダー 秋吉耕佑(HRC)サポート、チーム秋吉代表トレーナーとして 鈴鹿8時間耐久ロードレース 3位入賞、全日本ロードレース選手権大会 JSB1000 2010年 年間総合王者(シーズン3勝) 獲得
2010年10月トップアスリート株式会社 代表取締役就任(アスリート支援法人)
2011年7月鈴鹿8時間耐久ロードレース 秋吉耕佑、伊藤真一、清成龍一(F.C.C. TSR Honda)メディカルサポート 優勝
2011年全日本ロードレース選手権大会 秋吉耕佑(HRC)サポート 年間総合王者獲得 2連覇
シーズン 8レース 優勝6回、準優勝2回
2012年鈴鹿8時間耐久ロードレース J・レイ/秋吉耕佑/岡田忠之組(F.C.C. TSR Honda)メディカルサポート 2連覇
2013年Avexアーティストアカデミー名古屋校 特待生ボディデザインコース 講師&トレーナー派遣
2015年一般社団法人 日本視覚能力トレーニング協会(理事長 飯田覚士:第9代WBA世界スーパーフライ級王者)の普及に務める



< トレーナー、ケア 実績の一部 >

プロ野球
桧山進次郎 阪神タイガース主力外野手
 2003年 4番バッターとして18年ぶりのタイガース優勝に貢献
 2003年 日本シリーズ優秀選手
 2010年 代打の神様として活躍
 濱中治 元阪神タイガース主力外野手
 将来の不動の4番バッター
 2008年度にオリックスに移籍後、6番・右翼手として開幕戦にスタメン出場
 2010年11月ヤクルトに移籍
 片岡 篤史 元阪神タイガース主力打者
 2010年から阪神打撃コーチを務める
 久慈照嘉  元阪神タイガース主力外野手
 2003年 日本シリーズ優秀選手
 現在は阪神タイガース守備走塁コーチ
 関川浩一 元中日ドラゴンズ野手
 1999年ベストナイン
 2011年から楽天・二軍外野守備走塁コーチ
 川上憲伸 元中日ドラゴンズエース
 新人王、セリーグ№1と評価された投手。
 最多勝、沢村賞、ベストナイン、ゴールデングラブ賞、最優秀選手に選出される。
 2009年度よりメジャーリーグ球団のアトランタ・ブレーブスと3年契約
 前田 章宏 中日ドラゴンズ捕手
 2001年度ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団
 2004年度1軍試合6試合に出場
 2005年度1軍試合8試合に出場
 2010年度一軍試合に最多9試合に出場
 的場寛一 元阪神タイガース(1999年ドラフト1位)
 現在は、社会人野球のトヨタ自動車に所属
 藤田太陽 元阪神タイガース、ドラフト1位
 ストレートMAX154キロを誇る
 現在は、埼玉西武ライオンズ所属し、セットアッパーとして活躍
 小笠原孝 中日ドラゴンズ投手
 シンカーとスライダーのコンビネーションで打たせて取る投球が持ち味のベテラン左腕。
 先発・中継ぎ共にこなすことが出来る。
 髙橋 聡文  中日ドラゴンズ投手
 プロの投手としては小柄ながら、柔軟性のある体を躍動させるダイナミックなフォームが特徴。
 最速153km/hの速球をほこる左腕。変化球は100km/h台のスローカーブ、スライダー、フォークボールを投げる。
 2010年は63試合に登板し、左のセットアッパーの座を完全に手にした。
 田中大輔 オリックス・バファローズ捕手
 二神一人 阪神タイガース投手
 戸村健次 東北楽天ゴールデンイーグルス 投手
東北楽天ゴールデンイーグルス 2013年パ・リーグ優勝、日本シリーズ優勝
ボクシング・格闘技
 ダニロ・ザノリニ K-1戦士
 HEATキックルール ミドル級チャンピオン
 キックルール戦績 26戦21勝5敗11回KO
 大橋 弘政 プロボクシング第36代 東洋太平洋スーパーバンタム級 王座
 8試合連続となるKO勝利を収めて同王座を獲得
 翁長吾央 プロボクシング第36代 東洋太平洋スーパーバンタム級 王座
 8試合連続となるKO勝利を収めて同王座を獲得
 プロボクシング 日本フライ級6位
 13戦13勝(9KO)(2009年3月現在)
 アマチュア戦績
 114勝(38RSC.KO)11敗 ・高校三冠、インターハイ優勝、全国選抜優勝、国体優勝、世界選手権ベスト8
 有富康人 WBC世界フライ級29位
 OPBFフライ級4位
 日本フライ級1位
 川瀬昭二 プロボクシング 日本ライト級1位
 清水聖志人 H11,国体、グレコローマンスタイル、52キロ級優勝
 H14,全日本ジュニアオリンピックカップ、フリースタイル55キロ級優勝
 H16,世界学生選手権、フリースタイル55キロ級4位
 H17,ユニバーシアード競技大会、フリースタイル55キロ級5位
 H18,全日本社会人選手権、60キロ級優勝「最優秀選手賞」
 昇侍 パンクラス初代ライト級チャンピオン
 KO率100%
 総合格闘技史上最短KO記録 3秒を樹立
 笛吹丈太郎 キックボクシング
 NJKFウェルター級・ライト級チャンピオン(2階級制覇)
 砂川久美子 新極真カラテワールドカップ
 軽量級準優勝
 杉田真教 プロボクシング 元WBCユース 世界スーパーバンタム級チャンピオン
 WBC世界スーパーバンタム級24位
 徳山昌守 プロボクシング WBC世界スーパーフライ級チャンピオン
 松原拓郎 プロボクシング 2003年度全日本バンタム級新人王
 名城信男 プロボクシング WBA世界スーパーフライ級チャンピオン
 8戦目で日本人最速世界王者獲得
 国見泰央 元東洋太平洋スーパーバンタム級チャンピオン
 小山晃司 元WBC世界フライ級 14位
 渡辺博 第27代東洋太平洋ウェルター級チャンピオン
 元WBC世界ウェルター級4位
 日下部 竜也 WBCムエタイ日本バンタム級王者。 
 元シュートボクシング日本スーパーバンダム級王者
 WPMF日本スーパーバンタム級王者
 大石 駿介 元J-NETWORKスーパーライト級王者 
 J-NETWORKスーパーライト級2位  
 野杁 正明 K1甲子園2009年 王者
 Krush -60kg Ranking 2位
 Krush YOUTH GP 2011 王者
 大石 綾乃 キックボクサー 
 J-GIRLSフェザー級王者
 全日本極真連合会「レーディース全日本空手道大会」優勝
 児玉 善徳 プロボクサー
 2008年 高校総体 ボクシング 優勝
 小川 翔 K-1甲子園2012年 優勝
モータースポーツ
 秋吉耕佑 レーシングライダー
 2010年・2011年 全日本ロードレース選手権 年間総合王者

 2011年・2012年 鈴鹿8時間耐久ロードレース 2連覇達成
 国内最速ライダーの地位を確たるものにしている。
 2012年 
鈴鹿8時間耐久ロードレース 優勝 2連覇達成 詳しい情報はこちら
 2011年 全日本ロードレース選手権年間総合王者 詳しくはこちら
 2011年 鈴鹿8時間耐久ロードレース 優勝

 2010年 鈴鹿8時間耐久ロードレース 3位

 2009年 鈴鹿300キロ耐久レース 優勝
 2009年 鈴鹿8時間耐久ロードレース 予選ポールポジション獲得
 2008年 鈴鹿8時間耐久ロードレース 4位
 2008年 motoGP世界選手権ロードレース
 2007年 鈴鹿8時間耐久レース 優勝
 2007年 motoGP世界選手権ロードレース
 2007年 第2戦スペインGP,第15戦日本GP参戦
 2006年 全日本選手権JSBランキング 4位
 徳野政樹 1985年鈴鹿8耐世界選手権優勝
 決勝出場回数世界歴代1位(20回)
 50代現役ライダー
 松田次生 フォーミュラ・ニッポン/全日本SUPER GT選手権レーシングドライバー
 2002年 全日本GT選手権 年間ランキング2位
 最年少フォーミュラー日本優勝
 2007,2008年フォーミュラニッポン年間総合王者
 古賀琢麻 アメリカのNASCARで活躍しているプロレーサー
 世界レベルのレーサーとして世界版ニューズウイークでも掲載
 佐藤 太紀 レーシングライダー
 小暮 卓史 レーシングドライバー
 2002年 全日本F3選手権 シリーズチャンピオン・11勝
 2010年 SUPER GT・GT500クラス シリーズチャンピオン
陸上競技
 青戸敦子 名古屋テレビアナウンサー
 女子マラソン選手
 (名古屋国際、東京国際マラソン出場選手)
 タレント日本最速ランナー
 2004年 ホノルルマラソン35~39才部門 1位
 中田有紀 アテネオリンピック日本代表
 七種競技日本記録保持者
 2002-2005年日本選手権4連覇
 第一回室内アジア選手権大会 金メダル
 2003年アジア選手権銀メダル
 世界陸上ヘルシンキ大会 日本代表
 2010年 アジア大会 銀メダル
 青戸慎司 ソウル・バルセロナ・長野五輪 日本代表
 バルセロナオリンピック 4x100m 6位入賞
 元100M日本記録保持者
 4x100m アジア記録メンバー
 鈴木 徹 シドニー、アテネ、北京パラリンピックに出場し、3大会連続入賞。
 2005年のパラリンピックW杯、オープンヨーロッパ選手権では銀メダルを獲得。
 2006年のジャパンパラリンピックでは、2m00をクリアし義足選手としては世界で
 2人目となる2mジャンパー。2007年のIWAS世界大会では金メダルを獲得。
 2009年より、駿河台大学ハンドボール部監督に就任し、指導者としての活動も
 開始し、これまでの体験談を基に講演活動も行っている。
 醍醐 直幸 走り高跳び日本新記録保持者
 2006アジア大会(ドーハ)銅
 為末 大 2000年シドニー五輪、2004年アテネ五輪連続出場
 2001年 エドモントン世界選手権 男子400mハードル日本人初の銅メダル
 2005年 ヘルシンキ世界選手権 男子400mハードル銅メダル

 2007年日本選手権400mH 1位
 澤野大地 2004年アテネ五輪 陸上男子棒高跳び 日本代表
 2008年北京五輪 陸上男子棒高跳び 日本代表

 日本記録保持者
プロゴルフ
 伊藤元気 2002年 日本ドライビングコンテスト優勝
 2002年 世界ドライビングコンテスト 日本代表
 大畑 竜也 PGAプロゴルファー
 
中部ジュニア優勝を後にプロの道を選択。
 日本オープンへの出場経験あり、お手本にしたくなる華麗なスイングの持ち主。
 横峯 瑠衣 女子プロゴルファー
 小松 亜有 女子プロゴルファー
 横峯 さくら 女子プロゴルファー 2009年賞金女王
 池田勇太 プロゴルファー 日本ツアー優勝11回
 諸藤将次 プロゴルファー ツアー1勝
 新本 亜耶乃 プロゴルファー
 伊藤慎吾 プロゴルファー
 岡崎練 ジュニアゴルファー 中学王者、中部ジュニア王者
 2015年 ジュニアワールドカップ男子個人 優勝
ウィンタースポーツ
 青野令 プロスノーボード選手
 2006年 FISキスマークカップスノーボードジャパン優勝
 2006-07 スノーボード・ワールドカップ年間総合優勝
 2009年 スノーボード世界選手権ハーフパイプ男子優勝 
 日本人初のスノーボード世界選手権覇者
 2010年 バンクーバーオリンピックスノーボード・ハーフパイプ日本代表
 鈴木寛 リレハンメル、長野、ソルトレイク五輪
 ボブスレー日本代表
 植松仁 競輪 A級1班で活躍中
 長野五輪 ショートトラック500M 銅メダリスト
 寺尾悟 リレハンメル・長野・ソルトレイク・トリノ五輪 ショートトラック日本代表
 元世界チャンピオン
 青森冬季アジア大会 銅メダル
 在家 範将 長距離スピードスケート日本代表選手
 米谷 優 スキー スロープスタイル選手(ソチオリンピック日本代表候補)
プロサッカー
 田口 泰士 名古屋グランパス MF
その他のスポーツ
 橋本淳子 2000年・2003年 JPC Fitness Japan Champion
 2002年・2003年 Fitness America Pageant 出場
 2001年・2002年・2003年 Fitness Universe Pageant 出場
 西田和佳 ウインドサーフィン
 GARAM ALL JAPAN WAVE CLASSIC '05 準優勝
 GARAM NWA Omaezaki Classic '04 準優勝
 植松仁 競輪 A級1班で活躍中
 長野五輪 ショートトラック500M 銅メダリスト

トレーニング指導、治療実績 他 多数

企業様各位

さかえクリニック専門医と企業との提携

専門医と企業との提携

さかえクリニックではアンチエイジング診療をベースにサプリメント、コスメ、フィットネス器具、システム開発を行っております。

提携企業、アドバイザリー契約、顧問契約をご希望の企業は
お気軽に御相談ください。


■例1)
株式会社ハイパープランツ様との共同開発で世界初のドクターズアロマコスメ発売。
国内で唯一の専門医向けの『最新ドクターズコスメ製作のコツ ビデオ(医学教育)』の実演、監修を行った末武信宏が、ハイパープランツ社とアロマの有効性とドクターズコスメの有効性を製品化できる企画、アドバイスを行いました。


■例2)
株式会社 BIOCOM 社様との共同研究開発を行い 日本人向けの心拍変動解析システム(自律神経測定システム)を日本国内で販促の協力を行いました。ストレスケアマネージメント、スポーツ、アンチエイジング診療への臨床応用を行い、トレーニングツールとしてのシステム開発を行いました。 この結果、多くのメディアへシステムが紹介され自律神経機能を測定する最も有名なシステム(インナーバランススキャナー)になりました。 国内で急速に知名度が向上し導入する医療機関、スポーツジムが増加しました。

 心拍変動解析システム(自律神経測定システム)について詳しくはこちらから


■例3)
イシン・ホテルズ・グループ様と共同で、仕事にお疲れの男性宿泊客の“疲労回復”、“パワーアップ”、“ストレスケア”のサポートを目的とした宿泊プラン、ザ・ビー赤坂限定『スペシャルアンチエイジングメニュー』を実施しました。


■例4)
リーガロイヤルホテルグループ様と共同で、異業種企業タイアップステイプラン「美肌ウーマン」を実施しました。「働く女性の再生」をコンセプトとした女性向け宿泊プランに、院長 末武信宏が開発したドクターズコスメ「リバーサルプラス」を客室にて使用し、宿泊だけでなく肌の再生も行うことをプラスしたプランの提供を行いました。


■例5)
全日空ホテルズ ホテルグランコート名古屋様と提携、アンチエイジングランチ・ディナー「美肌昼餐・晩餐」を実施しました。高品質な国産抗酸化食材や調味料など、メニューの監修を行いました。

■「アンチエイジングメニュー 高級ホテルとのコラボレーションで実現」
■講演「アンチエイジングセミナー&ランチ ~美肌と美食~」



■講演・セミナー

全国で美容・健康・スポーツ・エナジーカラーをテーマにして、講演活動を行っています。エステサロンオーナーへの指導も行います。エナジーカラーによる財界・政界・スポーツ界・教育界・宗教界・芸能界・美容界・医学界への講演・指導・セミナーを行っています。

●コラーゲン株式会社主催「コラーゲン・ワークショップ」をさかえクリニック内、アカデミールームで実施
●2002年度 全国七田チャイルドアカデミー講師の講演
第1回 アンチエイジング国際シンポジウム&エキスポ東京2006 日本代表として講演
第88回日本美容外科学会 会長講演

講演・セミナーのご依頼につきまして


講演・セミナーのご依頼につきまして

全国で美容・健康・スポーツ・エナジーカラーをテーマにして、講演活動を行っています。


 


第88回日本美容外科学会 会長講演  エステサロンオーナーへの指導も行います。
エナジーカラーによる財界・政界・スポーツ界・教育界・宗教界・芸能界・美容界・医学界への講演・指導・セミナーを行っています。

講演・セミナーをご希望の方はお問合せください。

医学博士(順天堂大学大学院 医学研究科博士課程 卒)
第88回日本美容外科学会 会長
日本美容外科学会認定専門医 第219号
プロボクシングトレーナー(JCB公認)
さかえクリニック 院長
トップアスリート株式会社 代表取締役

略歴
●昭和62年3月 国立岐阜大学医学部卒
●昭和62年5月 岐阜大学医学部付属病院 第1外科入局
●平成元年より美容外科専門クリニックでの研修、平成5年 日本美容外科学会認定専門医
●平成8年9月 さかえクリニック 院長
●平成19年4月 順天堂大学大学院 医学研究科 入学
●平成23年3月 順天堂大学大学院医学研究科博士課程 卒 学位取得(医学博士)
●第88回 日本美容外科学会 会長
●平成14年 さかえクリニックトラッククラブ創立、同総監督
●アンチエイジング診療をベースに本格的陸上競技部を設立。トレーニング法、コンディショニング法を自律神経機能評価、血液機能分析評価法でシステム化し従来の指導法を大きく変換。
●プロボクシング JBC公認 トレーナー No.31532
●平成16年 さかえクリニック 中田有紀 アテネ五輪 陸上日本代表選出され同陸上部総監督としてアテネへ同行。
●平成16年 ボブスレーワールドカップ日本代表チーム支援(さかえクリニック 吉岡康典がワールドカップ ボブスレー日本代表に選出される)
●中日ドラゴンズ、阪神タイガース主力選手、ショートトラックスケート日本代表 寺尾悟、フィギアスケート世界Jr.優勝、GPファイナル優勝 小塚崇 彦、フォーミュラニッポンレーシングドライバー 松田次生、NASCARレーシングドライバー 古賀琢麻、ソウル、バルセロナ、長野五輪日本代表 青戸慎 司らのメディカルトレーナーを務める。
  講演テーマ
アンチエイジング、最先端の美容医学、若返り治療の秘密、エナジーカラー、スポーツを科学で支える、最先端のスポーツ医学と美容医学、美容外科、ダイエットの最新療法 など。

美容、健康、スポーツをテーマに100枚以上のスライドで講演します。お宝画像も多く書籍やビデオでは見ることが出ない内容です。 感動をお約束します。

■講演料(要相談)

■講演時間1時間から2時間
※講演料には講師 末武信宏の書籍(出席者分)をテキストとして含みます。

■お問合せ
TEL : 052-953-9676
e-mail :contact@sakae-clinic.com