HOME > 診療内容 > AGAチェック

AGAチェック

AGAと遺伝子の関係

AGA遺伝子検査
壮年性脱毛症(いわゆる若ハゲ)が進行していくか?
プロペシアがどの程度有効か?が簡単な遺伝子検査でわかります!


人の遺伝子は生まれながらにして両親より受け継いだ個々のDNAの情報を有しています。これらの情報は生涯変わることはありませんので、検査する年齢に関わらず一生に一回受けるだけでよい検査です。
薄毛が気になる、将来薄毛になる可能性があるかどうか心配な方は、遺伝子検査を受けることをおすすめします。

AGAは遺伝による要因が大きく、家系的に薄毛になりやすい遺伝子を有する両親からは、高い割合でその子(特に男性)に発症します。遺伝子を調べることでAGAの発症の可能性を予測することができます。遺伝子は、生涯変えることはできませんが、自分の体質を知ることは、予防や早期対策を行うためには遺伝子情報を知ることはとても重要です。

しかし、必ずしも実際に薄毛になるわけではなく、薄毛は環境(ストレス・食生活・生活習慣など)による要因も大きいため、生活習慣の改善や適切な対応で、AGAを予防したり、進行を遅らせることができるものと考えられます。

【AR(アンドロゲンレセプター)遺伝子の遺伝のしくみ】

AR遺伝子は、X染色体上にあるため、男性の場合は、必ず母親由来のAR遺伝子を受け継ぐことになります。

右図の家系図では、母方の祖母がAGAの発症リスクの高いAR遺伝子をもっており、その娘にあたる母親に祖母のリスクの高いAR遺伝子が受け継がれています。そのため、母はAGAのリスクが高いAR遺伝子の保因者となります。

この母の子である兄弟は、父からはY染色体を、母からは2つのX染色体のうちのどちらか一方を受け継ぎます。(このとき、父のX染色体がAGAのリスクが高いX染色体をもっていたとしても、この兄弟には影響しません。)

このように、同じ両親から生まれた兄弟であっても、受け継ぐX染色体(AR遺伝子)が異なるため、兄と弟とではAGAの発症リスクが異なります。

※AGAの発症リスクが高い遺伝子を持っていても、必ずAGAを発症するということではありません。また、遺伝による影響は70~80%であり、さまざまな環境要因の影響も受けると言われています。

遺伝子検査の内容

遺伝子の中には、AR遺伝子という脱毛に関係する遺伝子があります。このAR遺伝子の役割は、毛細血管を通じて入ってくる男性ホルモンを受け止めることにあります。

AR遺伝子の塩基配列の繰り返し数(CAGリピート・GGCリピート)が少ないほど、AGA(男性型脱毛症)発症のリスクは高くなると言われています。








 AR遺伝子検査報告書サンプルを見る(PDFファイル)

AGA 遺伝子検査は、遺伝的判定のため一生に一度受ければ良い検査です。
また、AGAは進行性のため、早めにご自身の病状を知っておく必要があるのです。
現在あまりAGAが進行していない方も、将来の脱毛進行度が判定できますので、
ぜひお早めに検査を受けることをおすすめします。

 

AGAチェック検査の方法と費用

AGA チェックは、遺伝的判定のため一生に一度受ければ良い検査です。
また、AGAは進行性のため、早めにご自身の病状を知っておく必要があるのです。
現在あまりAGAが進行していない方も、将来の脱毛進行度が判定できますので、
ぜひお早めに検査を受けることをおすすめします。


AGAチェック 検査料 20,000円(税別)
※保健診療の適用はありません。

AGAチェックについてご不明な点・詳細は、まずお問い合わせ下さい。
メールにてお問い合わせ下さい。メールの場合は、院長が自らご返答いたします。
メールでのカウンセリングはこちら。

一人で悩まないで。無料相談 0120-566-680
メールでのカウンセリングはこちら 無料カウンセリング

当院は、皆様のプライバシーを最大限にお守りするため、完全予約制になっております。
上記お電話にてご予約の上、ご来院ください。